白蜜の活動報告【FIFA21】

上手くないけどFIFA21を楽しんでます

【サッカー】U-24日本 VS U-24ニュージーランド【東京五輪】

こんばんは、白蜜(しろみつ)です。

 

今日はサッカーの試合を後半の途中から見ました。

準々決勝のニュージーランド戦。

 

 

ニュージーランドは守備を固めてカウンターで得点を狙ってくるチームだということは試合前から分かっていました。

 

前回のブログでも書いたように、今の日本チームはコンディション面で圧倒的有利な立場にあります。

それに加えてポゼッションでも有利に試合を進めることができるので、先制点を取れば危なげなく勝利できると思ってました。

 

ところが実際はあまりにも決定力がなさすぎてスコアレスドローという結果に。

PK戦で勝つことはできましたが、試合内容は完全にニュージーランドのプラン通り。

ニュージーランドはコンディション面でのハンデを気持ちで補っていたので、見ていてすごく気持ちが良かったですし「勝たせてあげたい!」と思わせてくれました。

それだけにかわいそうでなりません。

 

ちなみに、予選リーグで3試合やっているので「ニュージーランドのコンディションも結構上がっているでは?」と思っていましたが、やはりスプリントの速さもなかったですしフィジカルもイマイチ。

ちゃんと事前の準備が出来ていたら日本は勝てなかったでしょう。

 

今日は3-0くらいで勝てた試合でした。

久保、遠藤、吉田あたりを途中で交代させて休ませることもできたし、そうしなければいけない試合でした。

 

次の相手であるスペインもまだコンディションが整ってはいないみたいなので、次の試合も日本が勝つとは思いますが、主力が明らかにオーバーワークなのでケガしないか心配です。

加えて、日本の弱点としては控えメンバーが全く機能しないこと。

三好や三苫が途中出場しましたが全く仕事をすることができませんでした。

そしてフレッシュなはずなのに全く走らない…。

これではなかなかターンオーバーもしづらい。

 

Jリーグのファンの人たちは三苫が世界レベルのドリブラーだと言いますが、今日分かったように疲労困憊のディフェンダー相手でもほとんど機能しない。

やはり早い時期から海外に出ていくことが必須なのだと痛感しました。

そういう意味でも三苫選手には海外でドリブルを磨いてほしいと思います。

 

最後に。

前回のブログでも書いたように、コンディション面・モチベーション面の理由から普通にプレイすれば日本は金メダルを獲れると思います。

しかし、主力がオーバーワークで深刻なケガをしないように…それだけを願っています。

 

五輪が終わったら海外リーグはすぐにスタートするのだから。

特に遠藤と吉田が心配。