白蜜の活動報告【FIFA21】

上手くないけどFIFA21を楽しんでます

【カタールW杯】日本 VS オマーン 感想【最終予選】

こんばんは、白蜜(しろみつ)です。

 

ワールドカップの最終予選・初戦オマーン戦で日本が負けましたね。

0-1。

 

試合を見た感想を簡単に書きます。

 

 

吉田が試合後のインタビューで言ってましたが、「負けるべくして負けた」という言葉がぴったり当てはまりますね。

 

オマーンの方がいいサッカーをしてましたし、プラン通りの試合運びを出来ていました。

逆に日本はもっと攻撃的にいくべきだったし、心のどこかで油断があったのかヌルいプレイが目立ちました。

 

●長友

 個人的に一番良かったと思います。

運動量、プレイ強度など無所属なのにこれだけできるのは素晴らしい。

やはりレジェンドです。

特に後半のヘディングシュートは惜しかったですね。

 

●酒井

 あまり良くなかったですね。突破されることが多かった。

攻撃でもチグハグなシーンが目立ちました。

 

●柴崎

 気合が空回りしてる印象

攻撃ではほとんど目立たなかった。

 

●伊東、鎌田、原口

 全員、出来が良くなかった。

一番可能性を感じたのは原口でしたが、なぜかハーフタイムで交代。

しかも代わって入ったのが古橋で、あまりいいプレイは出来てなかった。

原口を後半も使ってほしかった。

 

●大迫

 やはり力は衰えていたことを認識させられた。

欧州でオファーがなかったことも分かった。

1本だけ惜しいシュートがあったが、それ以外は消えていました。

コンディションが上がってくればもう少しは良くなるのかな?

 

●古橋

 サイドでの起用となったことは不幸でしたが、チームでのポジションと代表でのポジションとが違うなんてよくある話。

古橋のためにチームを組み替える訳にはいかないので、与えられた場所で結果を出してほしかった。

途中出場だからもっと積極的に攻めてほしかったです。

 

●久保&堂安

 2人とも少しタイトなディフェンスをされると何もできない。

まだ若いしこんなものかなと思う。

代表のスタメンはまだまだ遠いなと感じました。

 

 

 

【まとめ】

全体的に「戦う姿勢」を持った選手がほとんどいない。

吉田、長友、遠藤くらい。

 

プレッシャーがかからない状況ではうまくプレイできても、代表選では戦う気持ちがないと試合にならない。

今の日本代表は史上最強だと言われているけれど、代表戦を戦うチームとして見たら明らかに谷間の世代だと思います。

 

次はアウェイの中国戦ですが、不安しかありません。

ちなみに監督を誹謗中傷する人が多いですが、選手のレベルに比べて監督だけが酷いとは思いません。

監督も選手ももっとアグレッシブに戦わないといけません。

森保さんを解任する必要は全くない。選手がもっと自分で考える習慣をつけないとどんな監督が来ても勝てないと思います。

今の代表には岡崎も本田も長谷部もいない。

特に攻撃面でチームを引っ張っていける人材が皆無。

一朝一夕には改善しない問題だけど、何とかこの最終予選の中で戦う集団になってもらいたいと思います。

 

がんばれ、日本!